let'split キーマップ

  /* Qwerty
   * ,-------------------------------------------, ,------------------------------------------,
   * | Tab   |   Q  |   W  |   E  |   R   |   T  | |   Y   |   U  |   I  |   O  |   P  |  BS  |
   * |-------+------+------+------+-------+------| |-------+------+------+------+------+------|
   * |Esc/Ctl| A/Md |   S  |   D  |   F   |   G  | |   H   |   J  |   K  |   L  |;:/Md |'"/Ctl|
   * |-------+------+------+------+-------+------| |-------+------+------+------+------+------|
   * |  =+   |   Z  |   X  |   C  |   V   |   B  | |   N   |   M  |  ,<  |  .>  |  /?  |  -_  |
   * |-------+------+------+------+-------+------| |-------+------+------+------+------+------|
   * |   `~  | Raise| Alt  | GUI  | Lower |Sp/Sft| |Ent/Sft| Lower| GUI  | ALT  | Raise|  \|  |
   * `-------------------------------------------' `------------------------------------------'
   */

  /* Lower 
   * ,-----------------------------------------, ,-----------------------------------------,
   * |      |   1  |   2  |   3  |   4  |   5  | |   6  |   7  |   8  |   9  |   0  |      |
   * |------+------+------+------+------+------| |------+------+------+------+------+------|
   * | PREV |   !  |   @  |   #  |   $  |   %  | |   ^  |   &  |   *  |   (  |   )  | NEXT |
   * |------+------+------+------+------+------| |------+------+------+------+------+------|
   * |      |   ~  |   `  |   |  |   \  |      | |      |   [  |   ]  |   {  |   }  |      |
   * |------+------+------+------+------+------| |------+------+------+------+------+------|
   * |      |      |      |      | Eisu |      | |      | Kana |      |      |      |      |
   * `-----------------------------------------' `-----------------------------------------'
   */

  /* Raise 
   * ,-----------------------------------------, ,-----------------------------------------.
   * |  F1  |  F2  |  F3  |  F4  |  F5  |  F6  | |  F7  |  F8  |  F9  |  F10 |  F11 |  F12 |
   * |------+------+------+------+------+------| |------+------+------+------+------+------|
   * |      |      |      |      |      |      | |      |      |      |      |      |      |
   * |------+------+------+------+------+------| |------+------+------+------+------+------|
   * |      |      |      |      |      |      | |      |      |      |      |      |      |
   * |------+------+------+------+------+------| |------+------+------+------+------+------|
   * |      |      |      |      |      |      | |      |      |      |      |      |      |
   * `-----------------------------------------' `-----------------------------------------'
   */

  /* Media 
   * ,-----------------------------------------, ,-----------------------------------------.
   * |      |      | WhUp | MsUp | WhDn |      | |  End | PgDn |  Up  | PgUp | Home |      |
   * |------+------+------+------+------+------| |------+------+------+------+------+------|
   * |Reset |      | MsLf | MsDn | MsRg |      | |      | Left | Down | Right|      |Reset |
   * |------+------+------+------+------+------| |------+------+------+------+------+------|
   * |      |      |      |      |      |      | | Prev |StpPly| Next |Mute  |VolDn |VolUp |
   * |------+------+------+------+------+------| |------+------+------+------+------+------|
   * |      |      |      |      |Click2|Click1| |      |      |      |      |      |      |
   * `-----------------------------------------' `-----------------------------------------'
   */

keymap.c

最初に

qmk_firmwareとは多様なキーボードに対応するための汎用ファームウェアであり、自分でキーマップを変えることができる。さらに普通のキーボードにはない機能があり、レイヤー、タップ/ホールド、タップダンス、マクロなどがある。

私のレツプリキーマップ

レツプリことlet’s split、48のキーをどう効率よく使えるか、は悩ましく楽しい問題。 48キーで十分と言えるのは一重に「レイヤー」と呼ばれる機能のおかげ。このレイヤーをうまく使い各々のキーマップを作り上げていける。 私の場合、4つのレイヤーを作っている。アルファベットやスペース、エンターなどの基本キーを配置したトップレイヤー、記号を散りばめたLowerレイヤー、ほぼ使われないFnキーのRaiseレイヤー、マウスカーソルやクリック、アローキーや音楽再生と音量調整ができるMediaレイヤー。

Qwerty

トップレイヤーはコード上ではQwertyレイヤーと読んでいる。今時わざわざQwerty配列なんぞ使わんでもよかろうと言う気もしなくはないが、新しい配列を覚えるコストは非常に高く、さらに既存のQwerty配列を前提に設計されたソフトウェアを多用する身としてはなかなか抜け出せない。

Qwertyレイヤーの肝は親指にある。親指スペースは当たり前だが、さらにエンターを持ってきた。さらにこの2キーはスペースとエンターとして機能すると同時にシフトとしても機能する。 どう言うことかと言う これはキーをタップした場合とホールドした場合で挙動を分けられる機能。 これによって一つのキーに二つの役割を与えることができる。よって親指シフトを実現することができている。

英数とかなの位置はなかなか難しく、当初はQwertyレイヤーに置いていたが誤入力した場合に非常に煩わしいのでLowerレイヤーに置くことにした。しかし多用するキーを入力するのに2つのキーを押さなければならないと言うのは少し納得が行かない面もある。

WindowsでのIME切り替えはAlt + `で全角/半角ができる

Lower

次にLowerレイヤーについて。プログラミングするので記号は全て多用する。その中でもさらによく使う記号を良い位置に置いておきたいがある程度既存の配列と互換性を持たせて置くと、配列を覚えやすいのでそれを優先した結果が上記の配列になっている。defaultの配列ではLowerとRaiseに記号を分けているので少々覚えるのにコストがかかるのではないかと思い、Lowerのみに記号を詰め込んだ。

NEXTTABとPREVTABとは、文字どうりタブ移動を一つのキーにまとめたもの。 MacOSでしか使えないショートカットだと思うのでWindowsではCtrl+Tab / Ctrl+Tab+Shiftで同様のことができる(多分。

// MacOS only
#define NEXTTAB ACTION_MODS_KEY(MOD_LGUI, KC_RCBR)
#define PREVTAB ACTION_MODS_KEY(MOD_LGUI, KC_LCBR)

Raise

Raiseレイヤーはファンクションキーを割り当てている。 そもそもレイヤー切り替えは脳に負担がかかるものだと思うので、少ないほど良いと思う。

Media

Aか;をホールドすると使える、 Mediaレイヤーはなかなか便利なもので、ホームポジションから手を動かさずマウス操作ができるのでかなり便利。キーボードからマウス操作もできるのもqmk_firmwareの機能。ただ矢印上と右か左を同時押しででカーソルがロックと言うか動かなくなるのでどうにかならないかな。